どうも、

ノアです。

 

筋トレをやらないといけないのは分かっているけど、

 

「めんどくさいなー」

「モチベーションが上がらないな」

「明日やればいいか」

 

こんな日はありませんか?

 

 

しかしこのような理由で、

筋トレをやらないまま1日を終えてしまったら、

目標の体になるのに遠くなってしまいます。

 

最悪の場合、

筋トレ自体を辞めてしまう場合もあります。

 

今回の記事では、

筋トレのモチベーションがあがらないときでも、

モチベーションを上げて筋トレを続けていく方法について説明していこうとおもいます。

 

1.筋トレ仲間を見つける

仲間がいるのと仲間がいないのとでは、

筋トレに対するモチベーションがかなり変わってきます。

 

いつも1人で筋トレをしていると、

孤独のあまり挫折してしまいかねません。

 

「俺なんのために筋トレをやっているんだろう」

 

と思ってしまうこともあります。

 

しかし筋トレ仲間が筋トレを頑張っている姿をみると、

 

「俺も頑張らないといけない」

 

という風になります。

 

そのため筋トレのモチベーション維持をしやすくなります。

 

でも逆に、

こんなことをいう仲間は作ってはいけません。

 

「今日めんどくさいからサボろうぜ」

 

こんなことを言う人と筋トレをしても自分のためにはなりません。

 

2.オシャレな服を買う

オシャレな服をを買って、

それを着れば筋トレのやる気があがります。

 

例えば寝間着を着て筋トレをしてもあまりモチベーションはあがりませんよね?

 

逆に自分の好きな服や、

自分の好きなアスリートが着ている服、

オシャレなウエアを着て筋トレをすれば、

自然とモチベーションはあがります。

 

大きなショッピングモールのスポーツウエアショップにいけば、

オシャレなウエアがたくさん揃っています。

 

僕はよくヒマラヤスポーツでウエアを購入します。

 

3.トレーニングジムに通う

トレーニングジムには運動をしたい人が集まります。

 

仲間を作るに似ていますが、

ジムにいけばトレーニングを頑張っている人がたくさんいます。

 

このように頑張っている人が近くにいると自分も頑張ろうと思えます。

 

それにジムにはたくさんのマシン器具などがあります。

 

自宅で筋トレをするとなったら、

基本的には自重トレーニングしかできません。

 

ジムにいけば自重トレーニングだけでなく、

ウエイトトレーニングもできます。

 

しかも、

たくさんの器具があるため筋トレが飽きにくいため、

モチベーションを維持することができます。

 

4.好きな音楽、テンションの上がる音楽をかける

シーンとした静かな環境で筋トレをしても、

なかなか筋トレのモチベーションはあがりにくいです。

 

自宅で筋トレをする場合は、

自分が持っているスマートフォンでもなんでもいいので、

自分の好きな音楽やテンションの上がる曲を流しながら筋トレをやってみて下さい。

 

トレーニングジムなどの公共の場で筋トレをおこなう場合はイヤホンをしてやってみて下さい。

 

好きな音楽を聴きながら筋トレをすればテンションがあがります。

 

 

いい曲をあまり知らないという人やテンションの上がる曲を知らないという人は、

YouTubeで、

「テンションの上がる曲」

「ノリノリになる曲」

 

など調べてみてください。

 

たくさんのモチベーションがあがる曲がでてきます。

 

僕自身ランニングをするときは必ずといっていいほど、

音楽を聴きながら走ります。

 

音楽を聴きながら走ったほうが時間が立つの早く感じますし、

走っていて楽しいからです。

 

5.目標を立てる

目標があれば自分に負けそうな時でも、

自分に負けることなく筋トレを頑張ることができます。

 

逆に目標がないと、

 

「筋トレをする意味ないじゃん」

 

このような思考になってしまいすぐに挫折してしまいます。

 

目標を設定するのに具体的な数字を入れたり、

期限を決めることをおすすめします。

 

例えば

 

(よい例)

・3か月後に体重を60kgする

・夏の7月14日までに体脂肪率を10%にする

・1週間にジムを3回通う

 

 

(悪い例)

・体重を減らす

・体脂肪を落とす

・ジムに通う

 

 

良い例と悪い例の違いは、

目標に具体的な数字と期限が書いてあるかないかです。

 

そして自分で決めた目標を紙に書いて、

常に見るところに貼ったり置いたりして下さい。

 

例えば、

 

・スマートフォンの待ち受けにする

・トイレに目標の紙を貼る

・テーブルのうえに置いておく

 

このようにすることがおすすめです。

 

6.未来の自分をイメージする

 

目標を立てると似ているのですが、

常に未来の自分を想像してみてください。

 

  • 今日筋トレをしなかったらどんな未来が待ってる?
  • 今日お菓子を食べたらどんな未来が待ってる?
  • 今日キツイいけど筋トレを頑張ったらどんな未来が待ってる?

 

自分がとった行動がどんな未来が待っているか、

考えれば自然と頑張ることができます。

 

7.1回でもいいからやってみる

どうしても今日は無理っていう日は人間なのであります。

 

そんなときは1回でもいいので筋トレをしてみてください。

 

1分でもいいのでランニングをしてみて下さい。

 

1回でもやることによってまたもう1回頑張ろうと思えたり、

自然とやる気やモチベーションが上がってくるものです。

 

 

1回でも行動することは、

何もしないよりは全然マシです。

 

それに何もしなければサボり癖がついてしまいます。

 

僕自身1回サボってしまったらまた挑戦するのに時間がかかりました。

 

1回でも無理という時は運動できる服に着替えるだけでもいいし、

靴を履くだけでもいいです。

 

なにか行動をしましょう。

 

8.ご褒美は筋トレをした後にする

「今日はビールを飲むために1日頑張った」

 

などなど人それぞれご褒美があると思います。

 

僕も、

1週間に1回は好きなものを食べる。

 

このようなご褒美をもうけてます。

 

ご褒美があることは物事を頑張れるモチベーションになります。

 

しかし、

筋トレをする前にご褒美をもってくると、

その後に筋トレをする気持ちにはなりにくくなります。

 

筋トレをしてからご褒美をとるようにしましょう。

 

9.Twitterを使う

Twitterを使えば筋トレ仲間が作りやすいです。

 

Twitterを使うと以下のような利点があります。

 

・筋トレ仲間が作りやすい

・筋トレのモチベーションが維持できる

・筋トレに関する情報が手に入りやすくなる

 

1つずつ説明していきます。

 

筋トレ仲間が作りやすい

 

Twitterを活用して、

筋トレのことに関してつぶやいている人や気になる人をフォローします。

 

そして軽くメッセージのやりとりなどをしあえば、

筋トレ仲間ができます。

 

 

例をあげれば、

 

体脂肪を落としたい

自分と同じ体脂肪を落としたいと思っている人をTwitterで探す

フォローして自己紹介をする

体の途中経過などをお互いが共有しあってモチベーションを維持する

 

 

こんな感じです。

 

 

もちろん自己紹介するときは、

人としての最低限のマナーは守りましょう。

 

 

「知らない人をフォローするのは抵抗がある」

 

と思われている方もいると思います。

 

僕も最初のころはありました。

 

でもやっていくうちに慣れてきます。

 

ぜひSNSを活用してみて下さい。

 

筋トレのモチベーションが維持できる

 

自分が頑張っていることを記録として残すのと、

残さないのではモチベーションを維持するのに全然変わってきます。

 

またあとから振り返ったりすることができて、

自分の悪いところや良いところが分かります。

 

そのため今後どうすれば成長できるかが分かります。

 

筋トレに関する情報が手に入りやすくなる

 

筋トレに関することを発信している人のフォローが多ければ、

筋トレに関する知識が増えます。

 

ただ注意点として、

悪口や愚痴などのマイナスなことを発信している人はフォローしないようにしましょう。

 

そんな人をフォローしても自分にプラスにはなりません。

 

自分も悪口や愚痴などはつぶやかないようにしましょう。

 

悪口や愚痴ばかりつぶやいている人をフォローしたいという人はすくないでしょう。

 

人の役に立つ情報や前向きになる言葉をどんどん発信していきましょう。

 

そうすれば自然とフォロワーも増えるし、

フォローしたいなと思われます。

 

10.モチベーションのあがる動画をみる

筋トレのモチベーションが低い時に、

頑張っている人の動画を見るとモチベーションがあがります。

 

YouTubeで調べればいろんな動画をみることができます。

 

モチベーションが下がったときはこの動画をよく見ます。

 

この動画を見たら、

 

「俺も頑張らなきゃ」

 

と思えます。

 

自分がモチベーションを維持できる動画を探してみて下さい。

 

 

11.筋トレを楽しむ

筋トレをしても楽しくなかったら続きません。

 

楽しいという気持ちがあれば成長するスピードも早くなります。

 

疲れていたり、

頑張りすぎたときは、

筋トレ仲間とご飯を食べにいったりして楽しみましょう。

 

まとめ

 

筋トレのモチベーションを維持する方法について書いていきました。

 

そこで今回のまとめを下記にまとめました。

 

1.筋トレ仲間を見つける

2.オシャレな服を買う

3.トレーニングジムに通う

4.好きな音楽、テンションの上がる音楽をかける

5.目標を立てる

6.未来の自分をイメージする

7.1回でもいいからやってみる

8.ご褒美はやることをやった後にする

9.Twitterを使う

10.モチベーションのあがる動画をみる

11.筋トレを楽しむ

 

 

モチベーションがあがらないときは、

この記事を何度も見返して筋トレをしてみてはいかがですか?

 

今回は以上です。