みなさん、こんにちわ!

 

ノアです。

 

誰しも筋肉痛というのは経験したことがあるとは思いますが、

最近筋肉痛になったりしてますか?

 

 

 

今現在、僕は筋肉痛です。

しかもほぼ全身、、、

 

なぜほぼ全身筋肉痛かというと、

今現在、日本人専用自宅トレーニングをやっている真っ最中なのです。

 

それで昨日、トレーニングの日でした。

 

そのトレーニングにより全身をよりやられちゃいましたw

 

日本人専用自宅トレーニングを購入して実際にやってみた

 

 

 

さて今回は、

今回はなぜ筋肉痛は起きるのか?

 

筋肉痛の時は筋トレをしてもいいのか?

 

について解説していきます。

 

 

そもそもなぜ筋肉痛って起きるの?

 

基本的に筋肉痛は、筋トレをしたり、

普段運動されない人が運動をした時などの、

翌日や2日後に起こりますよね。

 

ひどい筋肉痛のときは少し動くだけでも「痛っ」

 

というときもありますよね。

 

そこでなぜ筋肉痛が起こるのかを説明します。

 

 

なぜ起こるのかというと、、、

 

 

 

 

ハッキリとした原因は現代医学でも完全には解明されていませんw

 

 

 

すみません、

筋肉痛はなぜ起こるのかを説明すると言ったのに解明されていないと言って。

 

でもさっき言ったように、

筋肉痛のメカニズムは現代医学でも完全には解明されていません。

 

しかし、おそらく次に紹介することが筋肉痛の主な要因とされています。

 

 

 

傷ついた筋肉が修復(回復)するときに発生する物質の痛み?

 

激しい運動や普段運動をしない人が運動をすると、

筋肉(筋繊維)に負荷がかかり筋肉に傷ができます。

 

人間はその傷を治そうとします。

 

その傷を治そうとするときに、

体を刺激する物質がでるといわれています。

 

その体を刺激する物質が、

筋肉(筋膜)を刺激して筋肉痛が発生するという説もあります。

 

 

少し難しい話ですよね、、、

 

筋肉痛のときでも筋トレはやったほうがいいの?

 

筋肉痛の時は、

筋トレはやらないほうがいいです。

 

理由は先ほど説明したように、

筋肉痛は傷ついた筋肉が修復(回復)するときにともなう痛みです。

 

 

しかも、筋トレで一度損傷した筋繊維(筋肉)を修復する過程では、以前よりも筋繊維が大きくなっていくのです。

 

これを筋肉の超回復といいます。

 

筋肉が超回復してない状態で筋トレをおこなっても逆効果になる可能性があります。

 

考えてみてください。

 

筋肉が超回復により筋繊維(筋肉)が120%にパワーアップしようとしているのに、

 

回復の途中の80%の状態で筋トレをしても筋肉は120%にはなりませんよね。

 

しかも120%の状態で筋トレをしたほうが、

より負荷の強い重さで筋トレができるので効果的です。

 

他で例えるなら、

筋肉が進化しようとしている状態なのに、

進化しないままの状態で筋トレをおこなっても筋肉は強くなりません。

 

筋肉痛のときはどうしたらいいの?

 

休養

筋肉痛のときは、筋トレをやらない方がいいです。

 

筋肉痛の時に筋トレをやってもうまく筋肉が育たないです。

 

また筋肉痛なのに無理をしてやると、

怪我をしてしまうリスクもあります。

 

だから筋肉痛のときはしっかり休養をとって筋肉を休ませましょう。

 

栄養補給

 

筋肉痛のときは筋肉が修復(回復)しようとしているとき。

 

そのときに回復させるために必要な栄養がないと効率よく回復しません。

 

よく勘違いされがちなのが、

筋トレをした日だけプロテインなどのタンパク質や栄養を摂取すればいいと思われている人もいます。

 

筋トレをした日だけ栄養を補給しても筋肉は成長しにくいです。

 

効率よく筋肉をつけたいなら筋トレをしない日でも栄養をしっかり補給しましょう。

 

 

有酸素運動

 

筋肉痛のときは休養をとることも大切ですが、

有酸素運動もおすすめです。

 

※有酸素運動とはジョギングやウォーキングなどの軽い負荷の運動のこと

 

 

なぜ有酸素運動がおすすめかというと、

有酸素運動には筋肉をほぐす効果があり血液の流れをよくしてくれます。

 

筋肉をほぐして血液の流れをよくすることが筋肉の回復の近道です。

 

逆に運動をしないでいると筋肉は固まり血液の流れはよくなりません。

 

また有酸素運動は脂肪燃焼に効果的な運動なので習慣にしたほうがいいです。

 

筋肉痛のたびに運動をしなくなれば、

 

運動をする習慣が身に付きにくくなるため、

 

運動を継続しにくくなります。

 

だから筋肉痛のときでも軽い有酸素運動などをしたほうがいいです。

 

 

ストレッチ

 

ストレッチも有酸素運動と同様で、

筋肉をほぐして血液の流れをよくする効果があります。

 

やるべきストレッチはその場でできる、

筋肉をゆっくり伸ばすストレッチがおすすめです。

 

どんなことをやったらいいかわからない場合は、

小学校の時や中学のときの体育でやったストレッチをしたらいいと思います。

 

ポイントとしては

 

  • 反動を使わずゆっくりとする
  • 一部位に15秒程度
  • 伸びているところを意識する
  • 気持ちい程度にして痛いと感じるまではしない

 

 

これらのことを意識してやってみてください。

 

 

 

 

 

もし筋トレなどで筋肉痛になったら、

この4つの対処方法をやってみてはいかがですか?

 

 

それでは今回は以上になります。